ジェルの使い方 メンズヘアスタイル

ジェルの効果的な使い方ジェルは男性に人気のあるスタイリング剤です。 
きっちりとしたヘアスタイルにしたい時は、一番効果的かも知れません。基本的に髪には軽く水分を与えますが、濡らしすぎないようにして下さい。
ジェルを手の平に適量出し、 両手で髪の毛全体につけていきます。
自分の髪の毛のふくらみやすい所には多めにつけるようにします。
仕上げは櫛を通すと、よりフォーマルな印象になります。
面接の時などに誠実な印象を与える事ができるでしょう。
ヘアワックスは、ヘアスタイルを整える為の使える武器ですが、男性で使っている方は意外と少ないです。
これを機に、スタイリングをマスターして下さい。
早速使い方ですが、まず必要な量を取り出します。
ワックスはセット力が強いのに固まらなくて、しかもテカらないのが特徴です。
ボリューム感を出すには、髪の根本に多くつけます。
毛を起こして根本に多くつけると、より立ちやすくなり、自然でボリューム感のあるスタイルが完成します。
スタイリング剤は、それぞれの特徴を活かして効果的に使いましょう。
posted by メンズヘアスタイル at 22:22 | ヘアケア メンズヘアスタイル

ブロースタイリング メンズヘアスタイル

ドライヤーをうまく使うにはまず髪に軽く湿り気を与え、軽く乾かします。
次に、毛の根本が地肌からまっすぐに浮くように、ブラシを毛の流れに逆らって入れドライヤーをかけると、ボリューム感がでます。
逆に、ボリュームをつぶすには、毛の流れに沿ってとかしつけてブローします。
前髪を立たせる時は、髪を後ろへ流すように強く立ち上げ、根本近くをブローします。
ドライヤーをかけすぎると、オーバーブローと言って髪を傷めます。
髪の毛が熱くなるとキューティクルが破壊されますので、注意して下さい締めに冷風を使うと良いでしょう。
ヘアスタイルをカッコ良くキメる基本です。
スタイリングしにくい髪質は、イコール変化しにくい髪質の事です。
痛んだ髪は、変化しにくいです。
通常、髪の内部には、たんぱく質と水分が含まれています。
このたんぱく質が熱によって形を変える為、髪自体が変化してブロースタイリングが成立します。
しかし毎日のブローを繰り返した髪は、このたんぱく質が抜け落ち変化すしづらい状態になっています。
ですからダメージを受けた髪は水分も無くなっていますし、たんぱく質も流失してる為変化しないのです。
その場合はダメージ部分に、たんぱく質を補給しながらブローをする必要があるでしょう
posted by メンズヘアスタイル at 22:18 | ヘアケア メンズヘアスタイル

ヘアブリーチ メンズヘアスタイル

メンズヘアで真っ先に思いつくのはブリーチです。
ブリーチ剤は、実は紫外線で脱色作用が促進されるんでがということは、蛍光灯の下で十分脱色の効果が出ます。
しかし、希望の色になるまで脱色してしまうと、ブリーチ剤をすすぎ落としている間も反応が進んでしまいますので,あとちょっとで良い色になるかな、程度でやめるのがベストです。
一応説明書に書かれている放置時間を守るようにしてください。
脱色は髪を痛めてしまいますしまた、一番最初にブリーチするときは自分の髪の毛が健康だと、希望した色まで脱色出来ないことが多いです。
そのまま2回目のブリーチをしても良いんですけど、放置時間は5分程度に留めてください。
それ以上放置すると,金髪や思った以上に脱色されてしまう可能性が高いです。
髪を染める(脱色も含め)場合は,お湯を沸かした風呂場で作業してください。
なぜなら、お風呂のお湯の温度がブリーチには無くてはならない要素なのです。
メンズヘアのスタイルカタログとか見ても、なかなか自分の髪質を考えると合わないことが多いです。
ヘアスタイルは自分にどれが合うのか定まらないとショートでも短髪でもパーマでも決められないですから、黒いままでいくのか、ヘアカラーでちょっとアクセントをつけるのかでもちがいます。
最近は男性も美容室に行くようになっています。
昔のような男性は理容室で女性は美容院みたいな区分も無くなりつつあります。
男性でもデザイン的なベリーショートやミディアム、ロングヘアにしたりします。
でも初めて行くなら事前に電話などで予約を入れていくようにしましょう。
そして、ヘアスタイルを注文する際も最近流行っているようなヘアスタイルならすぐ分かってもらえるかもしれませんが、一応雑誌の切り抜きや写真などあれば持っていくようにしましょう。
そのほうが、細かいニュアンスも分かってもらえるし美容師さんも仕事がしやすいです。
posted by メンズヘアスタイル at 05:15 | ヘアケア メンズヘアスタイル

男の悩み メンズヘアスタイル

人気芸能人のヘアスタイル自分もあんな風に、でもヘアスタイルをまねたからって、その人と同じように見えるわけではありません。
顔の型によって似合うヘアスタイルも違ってくるのです。
まずは自分の顔の型をチェックしそして、どの芸能人のヘアスタイルが自分に合うか考えてみましょう。
10代の学生さんから60代のおじいちゃままで年齢に関係なく、みんないろいろな悩みを持っています。
濃いひげをなんとかしたい、にきび跡を改善したい、むな毛をどうにかしたいなどです。
近頃は男性も女性と同じように、素敵でありたいという意識が高くなったようです。
男性にはひげは当たり前そう思いがちですが、実はそうでもないのです。
メンズエステでもひげのケアは多くおこなわれています。
もしあなたが脱毛で悩まれているなら、ぜひ安心してメンズエステに相談をしてみるのもいいかもしれません。
想像以上に豊富なメニューやケアが用意されていることに驚かれると思います。
若い世代に人気なのが、脱毛やフェイシャルのエステ。
中高年の方は、やはりヘアケアを希望されるのが多いです。
posted by メンズヘアスタイル at 05:13 | ヘアケア メンズヘアスタイル

ヘアサイクル メンズヘアスタイル

ヘアサイクルという言葉はご存知ですか。
毛穴の下には、毛乳頭という髪の製造工場があって、毎日少しずつ新しい髪の細胞を作っていて、新しく作られた髪の細胞は、自然に上へ上へと押し上げられていきます。
そして毛乳頭は何年かに一回活動を休止します。
すると成長の止まった髪は、そのまま表面に押し上げられ、やがて抜けていきますが、髪が抜ける頃には、また毛乳頭が活動を再開し、新しい髪が作られ始めています。
これがヘアサイクルというもので、発生期→成長期→退化期→休止期→発生期と繰り返しています。
加齢や何らかの原因で、毛乳頭の働きが弱まると、白髪になったり、新たな毛が生えてこなくなったりします。
白髪、脱毛と同じくらいご相談が多いのが、髪の傷みについてです。
ヘアダイやブリーチ、パーマなどを頻繁に繰り返すと、頭皮や髪に負担が掛かって、髪が傷みやすくなります。
また、何もしていなくても、髪は根元から伸びてきますから、毛先にいけばいくほど、外気や紫外線にさらされる期間が長くなり、損傷しやすくなります。
枝毛をなくしたいという方も多いのですが、髪自体はいわば死んだ細胞の集まりです。
感触的なぱさつき・ごわつき、見た目のツヤなどは、髪にしっかり潤いを補ったり、コーティングすることで、ある程度改善される可能性はありますが、枝毛の部分が元通りに再生したりはしないのです。
posted by メンズヘアスタイル at 05:11 | ヘアケア メンズヘアスタイル

シャンプーの仕方 メンズヘアスタイル

シャンプーの仕方ですが、シャンプー前にはよく髪と頭皮を濡らしてお湯だけで流せる汚れはあらかじめ洗い流しておきましょう。
シャンプー剤は直接頭に振り掛けるのではなく、手に取って良く泡立ててから、まず頭皮をマッサージしながら洗います。
頭皮に泡が行き渡ったら、髪を指で梳くようにして徐々に髪にも泡を移して、全体を洗うようにします。
そしてすすぐ時は、ぬるま湯で、泡が完全になくなるまで、しつこいくらいすすぎましょう。
リンスとトリートメントの両方使うなら、トリートメント→リンスの順で行います。
トリートメントは髪の内部に栄養を与えるもの、リンスは髪の表面をコーティングするものです。
髪に残っている水気を手でしっかり切ってから、傷みやすい毛先からトリートメントをつけるようにして、なるべく頭皮にはつけないように気をつけましょう。
髪全体につけたらシャワーキャップをかぶってしばらくおいてから洗い流すと、トリートメント成分が髪の内部までしっかり浸透して一層効果的です。
リンスを使う場合も同様です。
ただ商品によって、髪に直接つけるもの、お湯に溶いて使うものなど種類がありますので、パッケージの使用方法をよく確認してください。
髪を乾かす時はブローローションなどで保護しながら、ドライヤーの温度を熱くしすぎないように、そして1ヶ所にずっと当て続けないように気を付けましょう。
生乾きのまま寝てしまうと、髪が枕でこすれて、傷む原因になりますので、髪は完全に乾かしてから寝るようにしてください。
ちなみに、マイナスイオンドライヤーなども、髪を保護しながら乾かせると人気のようです。
posted by メンズヘアスタイル at 05:09 | ヘアケア メンズヘアスタイル

自分のヘアスタイルを知る メンズヘアスタイル

男性のへスタイルですがきちんと向き合いましょう。
自分にベストなヘアスタイルを見つければ、気分も良くなるのではないでしょうか。
そして、この良い気分はやがて自信へと変わっていくと思います。
あなたの理容師やスタイリストは、あなた好みのヘアスタイルを知っているのと同様に、あなたの髪のタイプや髪質、そして顔の形をよく知っています。
彼らは、あなたが最適の外観を選べるように手助けしてくれるすぐれた専門家なのです。
現代の男性のヘアースタイルは、実はかなり幅広いのです。
多くの人は、たったひとつのヘアースタイルだけが自分に似合うと思っているようです。
毎日の同じようなスタイルのファッションを身につけている人は、特にこの傾向が強いようです。
ですが、髪質の変化を考えに入れて、今のヘアスタイルを再評価してみることが重要です。
ハゲている人は、その箇所を他の部分の髪を長く伸ばして隠す傾向にありましたが、今はロゲインで解決することができます。ロゲインは今ある髪を維持し、さらには再生させてくれるのです。櫛でなでつけたスダレスタイルは、もう時代遅れです。
posted by メンズヘアスタイル at 04:58 | ヘアケア メンズヘアスタイル

髪を最大限に使う メンズヘアスタイル

男性のへスタイルで、張りのある太い髪に見せるため、髪の長さを利用するのもひとつの方法です。
長い髪は、薄い毛に対する充足感を与えてくれるからです。
顔の形や抜け毛のパターンによっては、トップを長めにカットし、サイドを短くカットするなどのコンビネーション・スタイルも有効になってきます。
またあなたの毛髪を最大限に活用するためには、正しいツールを選択することが重要です。
多くの人は、長年にわたって使用してきたことから、正しい製品とそうでない製品を区別できます。
しかしながら、自分の髪のてざわりや太さの変化に応じて、使っている製品を見直す必要があります。
正しい製品を正しく使うことによって、あなたが望む髪の外観を得ることができるのです。
シャンプー はシリコン油に由来するジメチコン、ジメチコンコポリオールのような成分を探してください。
毛髪のボリュームアップに役立ちます。
コンディショナーは洗い流せる軽いタイプ、ボリューム仕上げ剤配合、ケラチンまたはコラーゲンのような成分配合したものがおすすめです。
髪に張りをもたせ、ふさふさ感をましてくれます。
固め用ジェル、スプレーは、髪につやを与えることで、今にも飛んでいきそうな髪をコントロールしてくれます。
ジェルなら髪を太くする効果のあるもの、ミディアム・ホールドタイプ、あるいは脱毛予防に開発されたものを選びましょう。
posted by メンズヘアスタイル at 04:53 | ヘアケア メンズヘアスタイル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。