ブロースタイリング メンズヘアスタイル

ドライヤーをうまく使うにはまず髪に軽く湿り気を与え、軽く乾かします。
次に、毛の根本が地肌からまっすぐに浮くように、ブラシを毛の流れに逆らって入れドライヤーをかけると、ボリューム感がでます。
逆に、ボリュームをつぶすには、毛の流れに沿ってとかしつけてブローします。
前髪を立たせる時は、髪を後ろへ流すように強く立ち上げ、根本近くをブローします。
ドライヤーをかけすぎると、オーバーブローと言って髪を傷めます。
髪の毛が熱くなるとキューティクルが破壊されますので、注意して下さい締めに冷風を使うと良いでしょう。
ヘアスタイルをカッコ良くキメる基本です。
スタイリングしにくい髪質は、イコール変化しにくい髪質の事です。
痛んだ髪は、変化しにくいです。
通常、髪の内部には、たんぱく質と水分が含まれています。
このたんぱく質が熱によって形を変える為、髪自体が変化してブロースタイリングが成立します。
しかし毎日のブローを繰り返した髪は、このたんぱく質が抜け落ち変化すしづらい状態になっています。
ですからダメージを受けた髪は水分も無くなっていますし、たんぱく質も流失してる為変化しないのです。
その場合はダメージ部分に、たんぱく質を補給しながらブローをする必要があるでしょう
posted by メンズヘアスタイル at 22:18 | ヘアケア メンズヘアスタイル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。